便利な機能


■ Bricscad 最初の一歩
1.画面の操作に慣れる。範囲指定をマスターする。
2.設定を知る・環境保存する。
   3.コマンドを知る。『 L=Line』『 copy』『Move』
   4.MODEL と LAYOUT を知る。
   5.スタート図面を工夫する。工夫・登録・修正を学ぶ
   6.UCSを自由に操る。
   7.印刷手順とプロパティーのマスター。


1.画面操作・基礎編
最初の一歩ですが… まずは、画面の操作です。
マウスを自由に操るて画面を操作出来るが最初です。 ナンだよ… そうなんです。 CADの操作理解は、ここが最初です。
Bricscadマウス操作
1.画面の移動(リアルタイム)
2.画面の拡大・縮小
3.画面のスクロール
4.画面部分拡大
5.全体画面に戻る

1.リアルタイム移動 ~ マウス中ボタンを押して手のアイコンに変わります。押しながら移動します。

 2.リアルタイム拡大・縮小 ~マウスボタンをクリクリと回します。マウス位置を中心に拡大・縮小出来ます。

3.リアルタイムスクロール ~ Ctrl+矢印キー左右でスクロール 上下で拡大・縮小します。
4.部分拡大リ ~ 範囲拡大は、アイコン

 Winコマンド 『Alt → V → Z → W  』 で開きます。アイコンがいいですね。
ここからここまで拡大してと指示します。

5.全体画面 ~ 要素図形を画面一杯にしてくれる。マウス中ボタンダブルクリック

複雑な操作も可能です。

アイコン集は、下記です。


 4.の項目で紹介した一覧です。

『Alt』 キーを押すと、ファイルメニューに飛ぶWinの操作を利用したものです。

【 豆 知 識 】
一般的な保存は、『Ctrl + S 』 で、電話などがかかってきた場合に上書きする方法は、よく使われると思います。

もう一つの方法は、『Alt → F → S 』と順番に押す方法があります。

図面を開いたら、まず名前を付けて保存する方法を身につけると後は、上書き保存です

 どこまで作業したか? となるケースも多いと思います。

試して下さい。


画面の上に配列した、表示関係は、下記になります。 一つ一つ確認して自由な操作ができるように特訓します。 マウスだけでの操作で十分でしょぅ。


■選択範囲をマスター

 選択の2種類の意味を知る。
含むと囲まれた要素の違いを理解します。
■要素の選択枠指定の方法です。 一般的な部分要素の指定は、Win共通のものが使えます。要素を一つ選択したら 【Ctrl 】 を押しながら複数の要素を選択。右クリックしてどうしますか? と言う手順になります。 【Shiftでは、ありません】

練習問題-1
L→ Enter = Lineコマンドで任意に線分を引いたら、右クリックで抜けます。スペースキーを打ってコマンドの継続。新たに線分を引きます。 適当な数が引けたら、画面の移動を自由に試します。

要素を上記の選択を試して、【 Del 】 で消します。 復活は、どうしますか? 画面上部の戻るコマンド 又は、ctrl + Z で繰り返します。 次は、単独要素をいくつか選択して、右クリック 移動又は、コピーして見て下さい。 自由な操作の体験とマスターが完了します。

記事編集中です…  第一日目は、ここまでとします。

 2.設定を知る・環境保存する。
 最初は、ウイザードから開いて作業します。 気になるのは、背景です。一般的に背景は『黒』に設定して作業する方が多いと思います。 作図上注意する点は、単位設定・ミリです。 そうすると設定をいじる必要が出で来ます。 ファイルメニューの『設定』→『設定』 で環境の設定を変えることが出来ます。


編集中 フロファイル管理でバックアップしてから作業しましょぅ…

















0 件のコメント :

コメントを投稿